Home > 中古住宅情報
1

兵庫県養父市で田舎暮らし スキー場の麓で悠々 別荘にもできる大きな家
民家日記の4月27日も登場した物件、ようやく間取り図ができました。

物件の概要はこちら↓
http://haus-project.com/blog/2017/04/700.html

養父田村邸マイソク0708-001.jpg

「成約しました」奈良高取町・俳人阿波野青畝の生家831坪1980万円
<2017年4月 無事成約しました。>

難聴の俳人・阿波野青畝の生家がある物件を売却いたします。

阿波野青畝さん http://sightseeing.takatori.info/sightseeingspot/seiho.html

敷地はなんと831坪。宅地とされている部分だけでも150坪あります。

敷地内には積水ハウスの初期モデルハウスの平屋があり、

阿波野青畝さんが生まれ育った江戸時代築の長屋門、連なる倉庫件旧おくどさん等のスペースが有ります。

母屋は売主さんがリフォームを行い、屋根の修繕、IHキッチン、トイレ入替え等を行っており、そのままでも住めます。

長屋門は傷んでいるので手をいれる必要はあります。

長屋門に住む、というのも面白い選択肢です。

敷地は道路側は竹林、

里道を挟んで2段の山があり、山の上ではかつて養蜂、タケノコ、くり、様々な果樹を植えていたようです。

その名残で色々収穫可能です。

また門を出た先は100坪ほどの休耕田、また下段は現在駐車場としても使えます。きちんと整備すれば6台ほど可能。

売主さんが敷地の境に竹垣を作るなど、だいぶ整備されておりました。

年も取ってきたので整備が辛くなってきたということで売却します。

値段等、下記チラシをご参照ください。

takatori0629.jpg

nagayamon01.jpg

nagayamon02.jpg

hiraya01.jpg

地図 上子島概略.jpg

b.jpg

びわ湖と比良山系を望む自然素材住宅
おかげさまで成約致しました(2月8日)

滋賀県びわ湖の西側、いわゆる湖西が再注目されている。
比良、近江舞子といった比良山系をびわ湖を挟むエリアには、別荘のような建物が並び、
カフェやギャラリー、工房などが点在している。
びわ湖の反対側、近江八幡や彦根などの派手さは無いが作家巡りやカフェめぐりが好きな方が訪れるエリアとなっており、
つい先日には比良のお店が集まってイベントも開催された。

今回売却する家もそのうちの1つ、ギャラリーskog&カフェを運営している店舗兼住宅だ。
築10年とまだ新しいがオーナーが70歳台に移行するの合わせて第3の人生をスタートさせたい、
ということで「もったいない」と周囲に言われているが売却することにした。
この家を手がけたのは、関西では自然素材の家づくりで有名な設計事務所「アトリエワオン」。
→http://a-waon.com/jisseki/skog の記事が当物件です。

外部はそとん壁、内部はホタテ漆喰、無垢のフローリングと天井と、全面自然素材で囲まれた住宅。
10年たって逆にその良さが引き立っている。

内部は1階が現況はギャラリー(販売)スペースと2つの個室、納戸となっている。
仮に店舗ではなく住居として使用する場合は、ギャラリースペースを間仕切りすれば、4つの個室をとることも可能。
もちろんそのまま店舗として、あるいは簡単な工房として利用することだってあり、
店舗にも、カフェにも、パン屋や小物の工房にすることだって出来ることがありがたい。
2階はリビング・ダイニング、キッチンと洗面浴室が備えられている。
2階にあがると目につくのは大きな薪ストーブ。
ベルギー製の薪ストーブに薪をくべながらゆったりと過ごすことができる。
お風呂も浴室TV、ジェットバスがついた1坪以上の大きなお風呂。窓を全開放すれば露天風呂のような雰囲気とのこと。
キッチンも当時最高級のシステムキッチン。オール電化です。
2階から吹き抜けの階段を登ると、そこはラウンジスペース。右に比良山系、左にびわ湖を望む、最高の眺望スポットです。
ここで音楽を聞きながら、単に外を見ているだけでも落ち着きます。

まだまだ魅力があります。
ホームエレベーター完備!足腰が弱くなっても、毎日の荷物の持ち運びも楽に行えます。
1階の床下には外から出入りできる大きな床下収納。薪や外構の道具、車のスペアタイアも全部入ります。
そして庭はオーナーが惚れ込んだ造園屋さんに作ってもらった自慢の作品。
季節に合わせて多種多様の樹木が楽しめます。

大阪キタ周辺にお勤めの方でも十分通える距離です(乗車時間1時間20分前後)
家の前面道路は駅から比良山系につながる登山道でもあり、30m隣には比良川が流れ、
散歩するだけでも非日常が楽しめます。
都会とは違い、決して便利ではありません。車も1台は必要でしょう。ただ都会にはない、自然の中に住む、
そして建物も自然素材の建物に住む、そんな暮らしができます。

都会が飽きた、空気のいいところで仕事がしたい、そんなあなたにおすすめの家です。





1