Home > 改修事例一覧 > 都芯楼

改修事例

大阪市北区|戸建住宅|なづな工房作品

都芯楼としんろう

会社創業の地、都市での暮らしを創る

施主が経営する会社の創業の地に建つ鉄骨造4階建の建物。
若き日の施主が暮らしていた時期があり、その後、社宅として使われていました。

年月は流れ、成長した子供たちとともに都会的な暮らしを楽しむための住宅として、
この建物を改修することになりました。

中高層ビルが建ち並ぶ、まさに大都市の一角。しかしながらこのブロックはまだ懐かしい大阪の町中の風情が残されたエリアでもあります。さまざまな検討の中で、元のファサードデザインを活かした案が採用されました。

既存建物は2世帯の住居とテナントという構成になっており、すべてを一旦取り除き、再構成する必要がありました。

陰影と透明感、そして微妙な境界と。

1階をガレージと玄関、2階は子供室とゲストルーム。3階にLDK、4階を主寝室と洗面・浴室といった構成です。3階をLDKとしたのは、周囲の喧騒との距離感を考慮したためで、そのため、玄関から3階までのアプローチは、移動が苦痛にならない演出に配慮しました。

LDKを配置した3階フロアは、ベランダもなく、外との関係も求められない極めてシンプルな直方体でした。階段室を壁ではなく半透明のガラスで間仕切り奥行感を出し、造付家具と壁材で壁の陰影を作りました。LDKは一体ですが、オリジナルのオープンキッチンに間仕切り家具的要素を加え、作業場であるキッチンとダイニング・リビングとの間に微妙な境界を作りました。

オリジナルキッチンは、オープンタイプとはいえ手元で壁を立ち上げることで、散漫になりやすいクックトップを隠しています。それを「浮いた箱」のように見せるデザインも、オリジナルならではの技と言えるでしょう。

高層ビルが建ち並ぶ都会は、空が狭い。周囲の窓からの目線をかわすために、ベランダの手摺壁を高くし窓の高さを低く抑える。そうすれば、目線を遮り光を取り込み、蒼い空を切り取ることができます。

■用  途
■構造規模
■家族構成
■用途地域
■敷地面積
■延床面積
専用住宅
鉄骨造4階建
夫婦 子供2人
準工業地域
84.70㎡  25.62坪
168.72㎡  51.03坪

改修事例一覧へ戻る