民家日記 半径3メートル以内

ブログTopへ

2015年5月
1
2015/05/22

びわ湖と比良山系を望む自然素材住宅 売却開始します

5月9日に速報でお知らせしておりました「びわ湖と比良山系を望む自然素材住宅」資料が整いましたので、
販売を開始いたします。

南比良物件チラシ.jpg

価格は3,120万円。

ひとつひとつの素材、設備、庭や外構の充実ぶりを見るとご納得の金額といえると思います。
店舗部分も兼ねていますので、店舗、カフェ、パン屋、工房等もできます。
もちろん住宅だけの利用も可能。
別荘もいいですが、是非都会で仕事をしている方に出会って欲しい物件です。


お問い合わせ、内覧申し込みは
info@haus-project.com
又は物件担当 藤村まで(080-4718-7961)
※店舗営業中のため、内覧はご予約下さい。直接見に行かれてもプライベート部分はお見せできません。

一階+.png
二階.png


2015/05/10

ときわ台の平屋 8 

フェイスブックでも施工担当豊原氏が報告しているが
施主施工が始まった。

内部のほとんどの壁部の左官だから
これは仕事量が半端ではない。
手順のレクチャーを受け作業にかかり
その手間と仕事量を推し量っても
壁に向かう施主は、それでも折れないしブレない。
そんな情熱に頭が下がる。


我々民家計画も出来る限りお手伝いする。


ときわ台14.jpg

ときわ台13.jpg

メインの開口部がシートで覆われているため
様子を確認しづらいのだか
庭の木々は、そのむこうで満開の春を主張している。
今年は気の毒だが、一年我慢してほしい。
来年はキレイに整えて、みんなに見てもらおう。

さあそろそろ
庭園計画もスタートさせる時期が近づいてきた。

                             勘兵衛



2015/05/09

びわ湖と比良山系を望む家を売り出します。住居、別荘、店舗や工房兼住宅も可能な自然素材住宅です!


速報です。詳細は別途記事にします。

南比良山々.jpg

GW明けの昨日、JR湖西線に乗り比良駅で下車すると、駅の東側はびわ湖ビュー、そして西側は比良山ビュー、
と大変贅沢な景色。

人間、大きな水面と大きな山が見える景色が好きなのは間違いありません。

比良駅から2km、徒歩にすると23分位、自転車なら8分程度でしょうか、のどかな田畑と、
林に囲まれた小道を進んだ先にその家はありました。駅からはほぼフラット。

南比良小道.jpg

ギャラリー兼住居として建てられた木と自然素材の住宅。
10年の節目としてその役目を終わらせたいとのオーナーの意向。
70代に突入したオーナーは、店を開けるという縛りから開放されて、
自由に全国を訪問したり、自宅の庭造りをしたいとのことです。

tatemono.jpg

「もったいない!!」
と正直に思いました。周囲の方も潔すぎますね!と言われているらしいです。

緑と自然素材に囲まれた家。

大阪キタが勤務先なら十分通勤可能。7時20分の電車に乗れば9時始業に間に合います。
もちろん京都勤務なら何の問題もありません。
又現在はギャラリー兼カフェ、
カフェや店舗兼住宅としても、
また工房兼住宅としても、
あらゆる可能性がある家です。
薪ストーブ、外を眺められるお風呂など、くすぐるポイントも完備です(笑)。
そして何よりも外構がすごい。様々な庭木が四季を楽しませてくれるとオーナーもおっしゃっていました。

薪ストーブ.jpg

この地方は作アーティストさんも多く集まっており、周囲も陶芸作家さんや鉄作家さん、様々な方が住まわれており、
観光としても魅力のある地域です。近々では5/16.17にイベントも行うそう。
ttp://kanjiruhira.org/
賀の観光媒体にはよく掲載されています。

家の間取りや価格は次回お知らせします。
ご興味ある方は下記アドレスまでご連絡下さい。

info@haus-project.com
不動産担当 フジムラ

2015/05/04

尼寺の古民家5 自分で塗装をします。続編

ゴールデンウィーク中の3日。
豊原氏とともに尼寺の現場へ。

施主と藤村氏の作業の後を追いかける。

真壁の和室。
明るいイメージの部屋にしようと
土色のじゅらく壁を白い塗り壁に。
その際、柱などの木部も白くするのだが
真っ白にするのではなく
拭き取って元の木肌を透けさせようというもの。

刷毛目など繊細は作業から逃げることができるので
素人も挑戦しやすいのだ。

使用するのは
「木童の和色」という塗料。
今回は白色だが
焼けた古民家や中古住宅の木部と
新しい部分とを調整するのに
ちょうどいい濃いめのカラーが用意されている。

少し粘り気があり
慣れるまで進捗が遅かったが
段々要領を得て、作業を終了。
塗装作業は8割がた完了というところだろうか。

写真にその透けた白色がうまく写っていないのが残念。

  
                              勘兵衛

尼寺4.jpg

尼寺5jpg.jpg

1