民家日記 半径3メートル以内

ブログTopへ

2013年10月
1
2013/10/28

茅葺きの古民家視察

古民家の話が続きます。

先週末に、神戸市北区の茅葺きの古民家を訪ねました。
全体構造やリフォームの参考になればと思い、見に行った次第です。

この古民家は、神戸市北区の「あかい工房」さんの事務所となっており、
その昔は社長さんのご自宅でもあったそうです。

minka102801.jpg

minka102802.jpg


古民家の依頼もたまたまか、サイトで紹介しているからか入ってきます。

茅葺きの古民家の依頼、移築してでも手に入れたいという案件も。

このサイトをご覧になられている茅葺の家の持ち主の方がいらっしゃれば、
是非ご連絡下さい。解体せずに再生できるチャンスです!

2013/10/25

潜ります。登ります。

中古物件を購入される方にとって、心配事の一つが
「その物件は買っても安心だろうか」

特に古い物件は耐震性は気になるところですし、
他にも断熱性や虫害、シロアリも気になるところです。

民家計画でお取り扱いする物件は、可な限り建築士、施工者によって確認して、
その状況を買い手に伝えるようにしています。

能瀬で販売している古民家も調査・測量に入りました。
残念ながら小屋裏は一部の開口部から目視のみでしたが、
床下は施工担当の豊原が隈無く這いずり回りました。

minka1025.jpg

他にも外周部や寸法の確認。
最後は散らかした所をお掃除して終了。
住まい手の協力の下完了しました。

minka1025-2.jpg


民家計画では、買い予定のお客様の内覧時にも施工者又は設計者の建築士が付き添います。
普段は別組織でもあるのでそこは買い手の目になって第3者のアドバイスも差し上げます。
(・・・アドバイスによって買うことを辞めたケースはたくさん・・・あります。)
しかし、中古の場合は重要な要素で、不動産から設計・施工までをワンストップでサービスできる
民家計画の強みです。
もちろん付き添いの追加費用はありませんよ~。







1